乳酸菌サプリメントとビフィズス菌について

乳酸菌サプリメントとビフィズス菌についての解説です。乳酸菌とビフィズス菌はどちらも善玉菌の一種です。
乳酸菌は酸素がある場所で生きていけるため、自然界のありとあらゆる場所に生息しています。
一方、ビフィズス菌は酸素があると生きていけない性質を持つので、人間や動物の体内では酸素がない腸にしか生息していません。

ビフィズス菌は腸に住み着いている菌で、赤ちゃんの頃は多く、高齢になるにしたがって減っていきます。
乳酸菌は腸に長く住み続けられず、一定の期間が過ぎると排出されてしまいます。
腸内の善玉菌の90%以上はビフィズス菌です。
善玉菌が減ると悪玉菌が優勢になり健康に悪い影響を与えます。
最悪、深刻な病気にもつながります。
乳酸菌やビフィズス菌はストレスや年齢を重ねると減っていくので定期的に外部から補う必要があります。
乳酸菌はヨーグルト、チーズ、味噌、キムチ、納豆などの発酵食品に含まれています。さらに乳酸菌サプリメントとしても数多くの商品が販売されています。
日常的に摂取できますが、ビフィズス菌は食品に含まれている物は少ないです。
ヨーグルト、もしくはビフィズス菌サプリメントを利用してとっていくのがいいでしょう。
乳酸菌サプリメントの正しい利用とは